本文へスキップ

イオン帯広店南向いです。内科・消化器内科を中心に診療いたします。

大腸カメラpolicy&FAQ

大腸カメラについて

「大腸カメラ」の正式名称は「大腸内視鏡検査」といいます。カメラ(内視鏡)を肛門から挿入して大腸の中に入れて、先端についている超小型のカメラで中の様子をテレビ画面に映し出して観察するものです。 検査を行うことにより大腸がん、大腸ポリープ、腸炎、痔などの疾患を診断することが可能となります。また当院では早期の大腸がんや小さなポリープについては検査の際に同時に切除を行う、日帰り手術を行っております。また検査当日に大腸の洗浄水をお飲みいただきますが、トイレのある個室をご用意しております。
当クリニックの検査実績はこちらです。

検査の流れについて

  1. 前日の準備

    検査の前日の朝から、検査用の特別なお食事を食べていただきます(予約の時にお渡しいたします)。 また寝る前に下剤を服用していただきます。
  2. 検査当日

    当日は朝9時に来院していただき、個室にて約1リットル程度の大腸の洗浄水を飲んでいただき、 お腹の中を空にします。
  3. 検査の実施

    便がきれいになったら、お昼ぐらいに検査を行います。内視鏡で切除が可能な、大腸ポリープや早期がんが見つかった場合にはその場で切除することが可能です(日帰り手術)。
  4. 説明

    すぐに検査結果をご説明いたします。
  5. 帰宅

    ポリープをとったり、組織検査を行った場合は、後日結果をご説明いたします。

FAQ よくあるお問い合わせ

・大腸カメラの検査は痛いのでしょうか?

基本的には痛い検査ではありません。どうしても押される感じや違和感は伴います。また以前にお腹の手術を受けられたことのある方、体型が小柄で痩せている方は、内視鏡が挿入しづらいことがあります。


・眠るお薬(鎮静剤)を用いて大腸カメラを受けることは可能でしょうか?

はい、可能です。ただし、当院では基本的には用いておりません。検査の際に患者様が痛みを感じないぐらいに深く眠ってしまうとどうしても無理な挿入を行うことがあり、そのため大腸の壁が裂ける(大腸穿孔)ことがあるからです。患者様の痛みの具合をみながら、痛くない方へ内視鏡を進めていく方法を当院ではとっています。ただし検査に対して不安の強い方や、以前に当院で検査を受けられており検査中に痛みの強い方には用いることがあります。