本文へスキップ

イオン帯広店南向いです。内科・消化器内科を中心に診療いたします。

胃カメラpolicy&FAQ

胃カメラについて

「胃カメラ」の正式名称は「上部消化管内視鏡検査」といいます。カメラ(内視鏡)を口または鼻から挿入して食道→胃→十二指腸の中に入れて、先端についている超小型のカメラで中の様子をテレビ画面に映し出して観察するものです。 検査を行うことにより食道や胃のがん、胃・十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、胃炎などの疾患を診断することが可能となります。当院では口からでも鼻からでも検査を行うことができます。また最近注目されているピロリ菌検査も同時におこなうことができます(特定の胃薬を服用中の方はできないことがあります)
また当クリニックでは、夕方のお仕事帰りの胃カメラも行っております。ご希望の方はお問い合わせ下さい。
受診当日の検査は現在休止しております。検査ご希望の方は一度受診していただき、ご予約をお願い申し上げます。
当クリニックの検査実績はこちらです。

検査の流れについて

  1. 問診

    症状や 既往、飲んでいるお薬などをお知らせ下さい。
  2. 診察

    現在の症状、検査、治療に対してのご希望などをお伺いします。胃カメラの適応と判断されましたら、検査を行います。(外来の混み具合によっては当日に検査を行えないこともございますのでご了承下さい。その場合は予約となります。)
  3. 前処置

    胃の中の泡を消すお薬を飲んでいただいた後、口からの方はのどの麻酔、鼻からの方は鼻腔に麻酔を行います。
  4. 検査の実施

    食道・胃・十二指腸の観察を行うと同時に、組織検査(生検)、ピロリ菌検査を行うことができます。
  5. 説明

    少しお休みいただいた後、検査結果をご説明いたします。

鼻の麻酔の仕方

  1. プリビナ噴霧

    鼻腔を広げるお薬を鼻腔内に噴霧します。ほとんど痛みはありません。(その後5分待ちます)
  2. キシロカインビスカス注入

    通りの良い方のお鼻に麻酔薬を注入いたします。
  3. 14Frのスティックを挿入

    麻酔のお薬を塗ったチューブを検査を行う方の鼻に挿入いたします。この際も痛みはほとんどありません。(経鼻での検査の経験のある方は省略することがあります)
  4. 16Frのスティックを挿入

    さらに太いチューブに交換します。(実際に挿入する内視鏡とだいたい同じ太さのものですので実際の内視鏡検査をイメージしていただくことがきると思います。)
  5. 検査開始

    麻酔をした鼻に内視鏡を挿入いたします。違和感は感じますが、ほとんど痛みはありません。

FAQ よくあるお問い合わせ

・鼻からと口からではどちらの方が楽に検査がうけられますか?

個人差がありますが、一般的には鼻からの方が嘔吐反射が少ないと思います。口からでは内視鏡が舌の付け根に触れやすいため嘔吐反射がおきやすいと考えられています。しかし、鼻からのカメラでも鼻の穴が生まれつき細い方がいますので、十分に鼻の麻酔を行っても、内視鏡が通過するときに痛みを感じる方がいらっしゃいます。担当医にご相談下さい。


・検査はどれくらいの頻度で行えばよいのでしょうか?

早期に病気を見つけるためには1年に1回の検査が必要と思われます。


・胃カメラ検査と同時にピロリ菌検査ができるとありますが、どのように調べるのでしょうか?

胃カメラ検査にてピロリ菌が原因と思われるような胃炎や潰瘍などが認められましたら、同時にピロリ菌検査を行う事ができます。胃の出口と入り口の近くから粘膜を2カ所採取します。この時に痛みはありません。検査結果は終了後30分ででます。


・夕方の胃カメラは可能でしょうか?

はい、可能です。当院では夕方の胃カメラにも対応いたします。朝食を朝8時頃までにすませ、お昼に水分(水かお茶)を500mL程度飲んで下さい。昼食はとらずに午後4時以降お越し頂ければ検査が可能です。詳しくはお問い合わせ下さい。